今日はね。

アクセスカウンタ

zoom RSS 白夜行/東野圭吾

<<   作成日時 : 2008/08/14 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5



<裏書より>
1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。
容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。
被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂
― 暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。
二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。
だが、何も「証拠」はない。
そして、19年…。
息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。
心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長編!


ものすごく心が痛くなるお話でした。
読み進めていく中で、「あれ?もしかしてこの人がやったの…?」と感じつつ、
「いやいや、きっと違うさ」と、
後半は「そうじゃないといいのに」と、
そう思いながら読みました。

全ての人が不幸になっていく、それを引き起こした犯人がいる訳だけど、
その犯人も自分のためだけに罪を犯したのではないと思う。
そうせざるを得ないように追い込んだもっと悪いヤツがいるのに。
確かに罪を犯したけど、「犯人は悪者だ」とは何だか思えなかった。

…と、感想を先に書いてしまった。

またも東野圭吾さんの作品を読みました
かーなーり、おもしろかったです。
今まで読んだ東野圭吾さん作品の中で、私のBest かも

これも結構ボリュームあって約850ページ、19年間を描いたお話。
13章で構成されているんだけど、各章ごとに視点が変わり、時間も経過していく。
でも、別々の視点で書かれたそれぞれのお話がだんだんとつながっていき、
全く見えなかったものがだんだんと見えてくる、つながりを感じさせてくれる。
うまいなぁとまたまた感動させられる見事な構成になってました
多分もう一度読み返したら、「そうだったんだ!」って
私が読み落としてしまったポイントがたくさん見つかるんじゃないかなぁと
そういう気持ちにさせられる1冊です。

でもねぇ。
最初の感想に戻っちゃうんだけどね。
主人公の2人はこの時、何を思ったんだろう?
最後の場面で何を思ったんだろう?
と考えると、やっぱりものすごく切なく、悲しい。

主人公自身の心情描写は全くされていないので、
もしかしたら、私とは全然違う感想を持った人もいるのかなぁ?
どうなんだろう??
読んだ人いたら、感想教えてください

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
読んだよこれ・・
読んで本棚にあるのに、
その後見たドラマが記憶を上塗りして、ドラマの方しか覚えてない・・(汗)
でもほんとに切ないラストだったよね。
身を守るために嘘や犯罪を積み重ねて、それで動けなくなって、
悲しくてなんだか納得の行くものじゃなかったなぁ。
もっと早く、別の方法で解決できたんじゃないかとも思うよー(;_;)
やんやん
2008/08/16 01:55
☆やんやん
そうそう、これもドラマ化されてたみたいね。
ブログ書き終わって、アフェリエイト検索するまで
気がつかんかった(^^;
ラスト、私も納得いかんかったなぁ。
おもしろかったけど、だけど、
基本的に「単純なHappy End」が好きなのよね…★
かよ
2008/08/16 12:45
白夜行、ドラマあったよねー!!
見てないし本も読んでないけどヾ色々考えちゃうお話なんだろなーって思ってたわ!!読んだ後とか結構心にずっしりきそうだよね!
私も少しは読書しなきゃなー^^;
みい
2008/08/16 14:15
私もこの作品は、ドラマで見たよ!!
主人公の二人は、山田孝之くんと、綾瀬はるかちゃんがしたんだけど、かなりよかったよΣd(ゝ∀・)
子役の子もかなり、よかったぁ♪
確か、女の子は、福田麻由子ちゃん!!

本で読むのとはまた違うんだろうなぁ(^ω^;)
それでも、ドラマでも、十分重い作品だったなぁ。。。
人を殺すということはもちろん悪いんだけど、同情するところもあったりしてね。。。
そう思わせれるってことは、それだけ、読者や視聴者を引き込むことができるからだかもんね!
東野圭吾は、ほんと天才やね☆
わんこ
2008/08/17 15:23
☆みい
ドラマやってたの、知ってるんだね〜。
本の方は、読むとかなりズーンときます。。。
みいはママだから、私よりももっとズーンときちゃうかも。
本ね、読み出すまではなかなか手が出らんけど、
読み出すと本当止まらんよぉ。
時間ができたらぜひぜひコレ読んでみて〜◎

☆わんこちゃん
ドラマ観たんだね!
大体のドラマそうなんだけど、
配役って本当うまく選んであるよねぇ。
この配役も結構納得だったわ〜。
ドラマのあらすじとかちょろっとのぞいたけど、
やっぱり本とちょっと違うところありそうで、
かなり観てみたくなった!
東野圭吾さんは本当すごいよ〜=3
私は「手紙」くらいからしか意識してなかったけど、
映画&ドラマになってる作品ばっかりでびっくりだよ*
かよ
2008/08/18 00:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
白夜行/東野圭吾 今日はね。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる